猫からのプレッシャー
2015年09月14日 (月) | 編集 |
(昨日の記事のつづき)

またたびもらえなかったことの気分転換は ツメトギ。
気持ち切り替えにはツメトギ~♪

「ツメトギ上手上手~」とホメてみるが
ツメトギ~♪♪

当猫、かたくなに知らんぷりを続ける (-"-)。
終わり。

ツメに気になる事態が起きたらしい ↓。
あれ?ツメの調子がイマイチ。

「どーかしたかい?」との問いかけに 一瞬反応を示すも・・
またたびくれない人が声かけてきた。

フン! とばかりに気になるツメを自己処理。
またたびくれない人には教えない。
「どれ、見てやろーか?」と言ってみたら

またたびくれなかったヒトには用はありませ~ん 的に歩き始め
ヒトの真ん前を する~っと通過。
さぁて、またたびもらえるまで 次はなにしとこ。

で、またたびの現場付近に腰をおろす わざとらしさ (--)。
ここら辺がまたたび処。

またたびもらえなかった報復(?)を継続しつつ
まだまたたびを諦めてないことを なにげにアピール。

目の前のまるに知らんぷりされることが一番カナシイ私。
まるはうまいこと 私の弱点を突いてくる (ーー;)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する