猫毛玉・参
2015年06月04日 (木) | 編集 |
まる毛玉、2つに増やしてみました。
まる毛大玉、まる毛小玉

2つになったら 早々に気づいてもらえた~(^^)v
やだ、またこの毛玉ここに乗ってる~ (--〆)

えっ!?そっちだけ??
誰の仕業でーすーかねぇ
存在を認められたのは 元からあった大きい方だけ・・・

かと思いきや
なんか増えてない?みたいな顔して ちっちゃいの、
もぉ、この椅子の定員 一猫だっつーのに

おっきいの、と見比べたあと・・
アタシの香り玉、ジャマっぽいよ・・

おっきいの、
でっかい方、こらしめてあげます~

ちっちゃいの、
ちっこい方も こらしめてあげます~
ちゃんと確認してもらえ~

結局再び放置、されマシタ (-ω-)/
いや、ほら・・、転がすとかさぁ、色々あるでしょーが・・・
ま、悪さしないなら そこにいてもいいんですけどね。

やっぱ遊んではもらえない、
どっちかってーと“そこにないモノ”とされる・・
いや、“そこにいてもいいや”と許されてるのかもしれない、
とにかく重要視されない まるの分身、まる毛玉たち・・・デシタ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する