肉球を温める猫
2014年12月03日 (水) | 編集 |
昨朝は寒くて まるはこんな ↓。
突然の寒波襲来に まるが消えた

顔半分しか空気にさらしてません ^m^
ゴハンとトイレ、誰かココに持ってきてくれないかしら・・


まるこりん、夜中に私の布団にもぐりこんできては
私のふくらはぎにピトッと手足をつけて
冷えた肉球を温めるんですよ (・ω・)ノ
ミャーにされたことなかったので、初体験。 いやはやオモロかわいいデス (^◇^) 

で、思い出したこと・・・
プランターの土で肉球を温める『ノラミ』。 12年間うちの庭で暮らした どこかの元飼い猫
肉球温め中のノラミ

温かくて気持ちよかったらしく
恍惚の表情まま、しばらくこうしてました。 まるは知らない改築前の我家 ↓
いやぁ~・・イイ・・・・・
見てて笑えるんだけど こんなとこでも暖を取るノラミの賢さに
すんごく感心したの覚えてマス。

私に冷やっこい思いさせてくれるまるも賢い、ってことか (゜゜)~ そーかそーか・・・。

それはそうと、肉球って そこまでして温めたくなるものなんですね~。 発見!


寒がりまるちゃんのためホットカーペットつけたままにして
外出から帰宅して見たモノ。
ホットカーペット・・良きかな~・・・・
極楽世界に滞在中のまる。  当然ながら、ヒトが帰ってきたのに起きてはくれない (-"-)  
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する