猫はしらっぱくれてるが。
2017年07月13日 (木) | 編集 |
日中はどこぞかで寝続けてるまるも
真夜中の監視猫
夜はカーテンの向こうの世界に興味を示してたりします。

*****

私が寝に、二階に上がると
まる、階下からじゃらしをくわえ 悲壮感たっぷりの声で
ミャウ~ミャウ~ と大絶叫してやってくる。
なのに・・

じゃらしを私のとこまで持ってくることはなく、
ポトンと落として その後は・・、
じゃらし、おっも~

泣きべそくったようなミャウ~ミャウ~はなかったかのように
冷静、
えーと、なんしに来たんだっけ?

かつ、知ら~んぷり。
まぁ、なんでもいいや

じゃらしだって、持ってきたのはアタシではない的態度だし、
私のことも見さえしない。
一息

ま~るちゃん♪ と呼んだら
呼びまして?
間髪入れずにコッチ見たけど、妙にスカしてる。

アタシは必死にミャウ~ミャウ~なんて言ってませんし
おかかの後を追ってきたつもりもないです

呼ばれちゃったよーアタシ♪
みたいな。

照れ隠しなんだか知らんが、まるちゃんったら
ごうじょっぱりぃ~ ( ̄▽ ̄)b  ← 私についてきたとあくまでも思ってる。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する