最近あったお猫ゴト
2017年03月23日 (木) | 編集 |
ウチから1kmくらい行った まるの葉っぱ処で
葉っぱを摘んでたとき 一目だけ会ったお猫。

一カ月半ほど経ったある日、突然隣家の庭に現れた。

眠りかぶってるところにカメラ向けられると

そのお猫、なにかをねだったりするでなく
ただただ一日中隣家の庭端に座り
ものごとすべてをすでに悟りズミのような穏やかな顔で
こっちを見続けてた。

嬉しくなりマス

ときどき隣人に近寄られ
そのときだけは立ち上がり逃げるんだけど
やせていて、明らかに“末期”と思える姿。
でも、逃げる速さは脱兎のごとく ものすご機敏。

思いっきり開いて

なんなんだ?あいつは・・・・・ (・・?
と 逃げるときの元気さにちょっと笑わせられたけど
じーーーっとこっちを見ながらひたすら
じーーーっと座ってる姿に

あのお猫は ウチらにして欲しいことがある と感じてた。
だって、お猫の行動にはちゃんと意味があるから。

どがしこでも撮ってもらいマス

声かけると応えるが 座ったままで、
たとえ動いても 結界が存在するかのように
隣家の庭からは一歩たりとも こっちには来なかった。

悲壮感はまったくなく、助けを求めてるわけではいないらしい。

注目されるのが好き♪

じゃあなにを望んでるんだ? と考え続けて一週間、
そのお猫は亡くなってました。
それまで一歩たりとも近寄らなかったウチの敷地、
カーポートの真ん中で。

猫型大福餅

亡骸を見つけたときふと思った。
このコは、土に返して欲しかったんだ と。
そのために 私を選び、ウチを探してやってきてたんだ と。

ふくら猫

10年ほど前 数件先のお宅の前で事故に遭い亡くなってたコ、
5年前亡くなったノラミ、
彼女たちのそばをお墓にしました。 
今度はウチのコになるために、早く生まれ変わっておいで と声かけて。

安心して旅立てた・・・かな?

*****

一週間居座られてた隣の人も、
最期をウチで迎えてたその猫のことを言ってました
「○○さん(← ウチ)家なら埋葬してやらすて思ったっだろ」と。

高級毛皮、常に着用

お猫にそう思われ 選ばれたなら、本望であります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する