どうなる?猫用葉っぱ
2017年03月17日 (金) | 編集 |
今年は
クンシラン(桃色矢印)の葉っぱは寒さにやられボロボロで、
春菊(黄色矢印)は大きくならず 一度も鍋に入らなかった。
これ、2月15日の画像だが、今もほぼこの状態。
メジロにはいまだ ちゃんとお目にかかれず  ← 飛んでく姿は1回見た
気のせいか、ヒヨドリがものすご多いと感じる。

いつもとなんだかちょっと違う (・・?

*****

地震の復興計画とやらが 住民そっちのけで進んでて
うちの近所は道路の大型拡張工事プラス、
新しい道路建設の話もあり・・
数年のあいだに様子がゴロッと変わりそう。

まるです

今ある田畑も農地指定を解除して
宅地や商業地にするとかで・・
数年後には まるの葉っぱ採りなんて
もうこの辺りでは できなくなりそなカンジ・・・。

空気に春、入ってマス

復興という名目で
ここぞとばかりに行わなれる大がかりな開発。
そのせいで緑の風景がいっぺんに消えていく。
そんな現実を嫌々ながら呑み込みんで
頭と心をなんとか対応させるという 己自身のこの作業の方が、
地震そのものを乗り越えるより タイヘンそうだ・・・・。

まぶぴ~

畑の持ち主さんが「猫用の葉っぱ採るなら」と
除草剤をまかずにいてくれる土手で
まるの葉っぱ摘みつつ ヒバリの声を聞いていた。

なにも知らないヒバリたち。
近い将来 どこでさえずるのだろう・・・・・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する