FC2ブログ
猫、最強伝説?
2020年06月01日 (月) | 編集 |
工事車両、重機、作業員さんたちで
にわかに騒がしくなったうちの横。
まるはともかく、おしらは相当困るだろーな と思ってたが・・

耳、後ろにやってビビリ顔してたのは
初めの数分だった。  あとはこう ↓
1
さすがにおしらも たくましくなったもんだ。

まるさんの方は 工事も二日目となると
あ、工事屋さんたち来たね と窓越しに迎えると
二階に行って爆睡こく 超猫的?余裕さ。
2

轟音とどろき、ときに地震のような揺れの中、
イイ寝顔です ( ̄m ̄〃)。
3

工事にまつわるエトセトラ、
この二猫にゃ杞憂でした。  すっかり立派なオトナだもんな ^^;

*****

で、おしら。
工事の最中でもおかまいなし。
4
突如目覚めたら

5
と騒ぎ、重機が動きまわるのも気にせず
ごはん食べとったです。  怯えてオロオロしてた頃がかわいかったような。。。。
チア猫娘
2020年06月02日 (火) | 編集 |
まるはiko母のトイレに付き合うのが好きらしく・・・

特に入浴前、母がトイレに行くのを
張り込んでまでして 待ち構えている  ときがある。
1
なにが楽しいのかはわからんが
なんか応援してる気分なんだろか・・ (ーー)  出ーろ!出ーろ!とかって。。。

*****

まるは隣の部屋にいても・・・

私がダンベル体操始めると必ず足元にやってくる。
2
しかもこの日はなぜか

小休止で置いたダンベルを両手にはさんでくれちゃって
3
ビミョーに 再開が難しい空気に (-"-)。

毎回応援されてる気はしないが
4
今回は相当冷かされてる気が しまスた "(-""-)"。

昔は1、2キロの体重調整なんてお茶の子さいさいだったけど
この年になるとたいへんですわ。。。。。 やせん!ほんっとやせん!!

猫も屋根から落ちるかもだし
2020年06月03日 (水) | 編集 |
横の道の工事が完了した翌日
久方ぶりにまるが テラスの屋根に降りた。
1
まぁ ふくよかゆえ、ツルっとすべり落っこちそうで
見てて怖いことこの上なし。

戻っておいで と必死で呼ぶうちらに、まる

こんな顔 ↓。
2

本猫は、自分がどこにいて どういう状況にあるか
一応わかってる ・・・のか?
3
とにかく平常心だったが、

うちらの騒ぎが耳障りらしく
4

うちらを黙らす方を選択してくれた。  ↓ 帰還中
5
お腹の“だるん”が消えた奇跡的瞬間も出現。

実はそんな太ってないんじゃない?と思ったが・・

歩くときはお腹がピロンピロンと左右に揺れ・・・
やっぱ高いとこに降り立つのは危ないよ と。
6
ま、無事帰ってきてくれて一件落着 (^^)v。

この秋で御年13才、体型太い、
高いところに行かれると さすがに不安が募ります。
猫娘さんもいよいよな
2020年06月04日 (木) | 編集 |
5時半、ごはん!と私を起こしに来たまるが
ベッドから飛び下りた後、いっ・・・痛いの・・ と
泣きそな顔でビッコに。

どうやら左手こねたらしい。

1

が、夜明けて 家族でそろった朝食時判明したことは・・

午前4時、入浴しようとしてた者の話によると  午前4時に風呂ってどうよ?
階段でけまつれる音がし、  ※けまつれる=つまずく
現れたまるは左手ビッコしてた ということ。

つまり、ベッドではなく階段で 手、こねてた可能性大。

いずれにしろ左手傷めてんのは間違いない。
さて、病院どうしよか。。。。となって・・・

2

脱臼、骨折等はなさげなので様子見ることに。

同時に トイレはフチが低いのを急遽設置したり
椅子とかソファー横には段差解消用にクッション追加したり。
痛みに配慮&「お年頃、来たね・・・」も兼ねて。

すると3日目には だいぶ回復。
5日目には かばう仕草も完全なくなりました。

オオゴトならず、ひとまずヨカッタ♪ です。

*****

3
やっぱ太りすぎだな・・・・ (ーー;)。
気遣う?猫娘
2020年06月05日 (金) | 編集 |
というわけで、“まるちゃん事故”から3日目の
病院連れて行かんくてもいいな と確信した日の様子。

外に出る と言ったので出してあげたんだが
たくさん歩むとまだ痛さが募るようで、
人工芝マットの上にしゃがみこんだまま、こんな顔↓。
1

iko母ダイスキおしらが出てきて  ← 私とまるだけなら箱から出てこない (ーー)
母の足元、ゴロンゴロンして
2

積極果敢に自己アピールしてるの見ても
3
いつものように
突っかかってじゃれに行くようなことはなかった。

その後、イエナカ入り こんな↓。
4
おとなしいので 見てて心が痛みます。

・・・と まる、パッカ~ン と ( ̄m ̄〃)。
5
てなカンジの気遣いでしょかね? おかげで
ダイジョーブ、明日はもっと元気だ と思えたんです (´▽`)
確かに食欲は一切落ちんかったしな。
猫娘の診断はかように
2020年06月06日 (土) | 編集 |
左手ビッコでヒトに心配かけときながら
なんだかんだいって、
事故翌日にはベッドに上がってたまる。
1
しかもじゃらまで持ち込んで (ーー;)。

手、痛いんだろよ? と思うのに

本猫、寝てる分には 痛くなさげ。
2

しばらく時間たって再び様子見に行ったら

さっきは尻に敷いてたじゃらしに今度は
アタマ乗せてた。  に・・においはダイジョーブか??  
3

絶好調ではなさそうだが
こんなアホなオモロイ顔できるんで 骨は確実に問題ナシ、と。
4
おしらが骨折したときゃ痛み止め飲ませても泣いてたし、
肩脱臼経験者によると 脱臼も相当痛いとのことで。

ikoの診断は 「左手首捻挫 全治一週間」。
私が初めて足首捻挫したときの記憶より全治推定しまスた。
しつこいようだけど

こんなオモロイ顔 ↓ できるから きっとただの捻挫、と。
5

実際一週間で完璧治ったよう。  ← タワーでツメトギ始めたから
結果間違いなくて良かったです。  正直焦ったときあったけどさ ^^;
その後の猫娘
2020年06月07日 (日) | 編集 |
まる、左右のウデの色柄が違うので
実はどんな具合か 調べるのがちょい大変だった。
1
よりによって傷めたのが“白い”左手。
ただでさえ膨張色ゆえ どうしても右手より太く見え、
腫れてないかどうか右手と比べるの、難儀したんです。

お手手ダイジョーブ? と家族皆から
ことあるごとに気にかけてもらえ、シアワセな娘さん。
2

回復後の様子と言えば・・

段差解消用に買ってもらったクッション、ほぼ使わず
相変わらずビヨ~ン!
と“ダイレクト降り”をくり返す毎日 (ーー;)。

トイレは “フチ低め”がイイらしく
コロルさん(ずっと使ってきたやつ)、忘れられた存在化。

第一原因ではないかと言われてる階段は?と言うと、
全速力で駆け上がり・・・降りてきたりしてマス (;^ω^)。

つまり・・・

そこまで年くっとらん!
3
と 言いたいみたい。

もう、後は野となれ山となれ だ!
また怪我こいても知らん ヽ(`Д´)ノ  ・・とできぬ強がり、バカ親の悲しい性どす。
カメラ目線をケチる猫
2020年06月08日 (月) | 編集 |
段ボールステップの頂上にまるがいるよ
と母が呼ぶので駆けつけたら・・

間にあった (´▽`)。
1
あんまり乗らん上に、頂上なんて激レア。
いいじゃん いいじゃん とまるを褒めはやし、カメラ向けるが
こっち、まったく向かない。
そらもう、いやがらせのように (ーー;)。

で、母がカメラの方 向かせようと
2

がんばってくれた。
3
その結果が・・・

せいぜいコレ ↓。
4
なんかビミョー。。。。。

オトナすぎるまるさん
ときたまカメラ目線、ケチる (ーー)  近頃増えたよ、そんなこと。
今日も猫娘さんと
2020年06月09日 (火) | 編集 |
私がTVの前に座ると 必ず私の右側に陣取り、
オケツ叩きorナデナデを求める おまるちゃん。
ちょっと手を休めると・・・
1
容赦ない“指導”が入る。

それは夜に限らず 昼間だって。

毎日毎日いつもいつも
まるのオケツを叩き、撫でる日々。
2
ときどきTVの前に座るのが
怖くもあったりする (^▽^;)。  ← 結構手がしんどい&他のことできないから
でも・・・

右手が寂しくなると TVの前に座る。
まるが右側来て オケツ叩くか撫でるかして~
って言ってくるの 期待して。
猫娘さんの現在地
2020年06月10日 (水) | 編集 |
ホカペいらなくなった先月半ば頃は
居間を捨て、二階に上がり羽毛掛布団で
蟻地獄のような窪地状態で寝てることが多かった。  命名“まる地獄” ^m^
1

薄目開けてこっちの様子、気にしちゃいるようだが
2

眠気と心地良さが勝ってのことだろう
3
ピクリともしなくて アタシ寝てるし を続けた。

また別の日も蟻地獄状態でいたまるだが
この日は足が見えてて、愉快なこと この上なし (*^▽^*)。
4

温かくなりすぎたら 蟻地獄の主という身分を捨て
5

やはりヒトのこともおかまいなしに
こんこんと寝たフリ 続けた。
6

そんな日々がいつの間にか終わり、
途端に連日の 気温30℃越え。
まるさん、お布団なんてもってのほか。
それ以前に二階に 上がりさえしない。
代わりに・・・

居間隣室(私のシゴト部屋)の窓際、
鉢置き下のガリガリラウンジ常駐に。  ← 冬は日当たりよく温かい処
7
ここ、居間の冷房がほどよく入ってくる
ちょうどイイ具合の“涼みスポット”なんだよね (^_-)-☆  ← 猫は賢い