散らかされる猫じゃらし
2017年10月02日 (月) | 編集 |
部屋に入ろうとして はぁ・・・・・ と
半分溜息でたたずんでる私を まるが追い越した。
就寝時間ですよー
私が入って来ないので まるもここで停止 ↑。

私が立ち止まってた理由を解したか?まる、
そうだ

これはアタシの仕業デス と
これアタシが置いといたんだ

素直に白状するかのごとく、
黄じゃらしのそばに腰を下ろした。
いつ置いたかは忘れたけど

いや、私の溜息はそれだけじゃなくてね・・・・・・
と思ってるとベッドに飛び乗ったまる、

紫じゃらしを見つけて 固まる。
えと・・これもアタシだっけか?
こっちのことは 忘れてたらしい ( ̄m ̄〃)。

部屋入ろうとして
あっちにこっちにじゃらし、おっ散らかされてるの見ると
半分はわざと溜息、半分は本心で大笑いです。

いつまでこんな お子ちゃまみたいなこと
し続けてくれるかな~♪  ずーっとずーーーーっと し続けて欲しい。