挙動停止の猫
2016年12月11日 (日) | 編集 |
おしらはたとえ眠ってても
私らが窓を開けたりすると、必ず 最低でも顔を上げる。
それがこの日は違った。
窓を開けようが、私がテラスに出ようが、のぞきこもうが

まったくこのまま、ピクリとも動かなかった のだ。
おしら、生きてるか!?

え?まさか、死んでないよね???

おしら。

おしら?

おしらってば!

と、何度か呼びかけて やっと・・・

動いた。
生きてた。
生きてんじゃん orz。  ← いや、正直ホントよかったんだけど・・・(^▽^;)

一瞬、まじ ビビリました。

夜中 激務をこなしてきて疲れてたのか
ようやく目を覚ましながらも 動こうとはせず・・

なにボケーってしてんの?

おしらーっ!!

しっかりしろー!!!
こんなカンジでした (´∀`σ)σ

生きてるなら それでイイ。  数時間後いつも通りだったんでご心配ねぐ♪


・・と、ここで我が家で生まれた新語をご紹介。

まるってる です。
まるってる。
なでまくられようが、毛皮に顔うずめられようが、
おけつツンツンされようが、カメラ向けられようが とにかく、
“まるがかり”的に動かないことを表します~ ヽ(´∀`)ノ

ガッツリ便乗っス (*^^)v