続・黄色いじゃらし前編
2014年08月14日 (木) | 編集 |
普段全く鳴かず、モノをくわえて運ぶこともしないまるが
幼き頃より愛用の黄色いじゃらしだけは
ヒトが耳にすると皆、慌ててしまう切な~い声で
ミャウミャウ鳴きながらくわえて運びます。←但し、ヒトが見てないところでのみ


で、この日の朝は
ヒトが皆 就寝のため二階に行ってしまった夜中に
ミャウミャウいいながら居間から運んだじゃらしが私の部屋に・・
じゃらし、ほったらかし
捨ててある?

・・かと思ってたら 夜、
ミャウミャウいいながら居間に持って下りてきました。
じゃらし、持って下りてきた
↑ ヒトのいる所まで運んでくると、何事もなかったような顔でいます

また別の日は
写真右下の黄緑のところにおいてあったじゃらしを
わざわざベッド上に運んでおきながら本猫見当たらず。
まるはどこ?

昼過ぎ見にきたら 一緒に寝てました。
あ、帰ってきてじゃらしと寝てる・・

やっぱりこのじゃらし、好きなんだろ?
そんな気もする~
本能がそうさせるだけよ~ん

このじゃらしとまるの行動(くわえる、鳴く、運ぶ)
・・その関係が、以前から私にはナゾです。