外、騒がしくても猫は開く
2017年06月25日 (日) | 編集 |
今日も部屋をのぞけば あぁいうのが見える。
6月6日にUFOが♪ではなくて。

午前中から全開度100% ( ̄m ̄〃)。
まる、快調におっぴろげ。
ただ、静かだった前日とは違うことが一つある。
それは・・・

おしら実家敷地で こないだよりは小型ではあるが数日ぶりに
重機が動いていること。
外ではガーガーゴーゴー重機音響き渡り中。

重機の轟音と振動がもはや
心地よい子守唄とゆりかごになってんのか
気にしない~♪気にしない~♪

まる、とーーーーっても 心地よさげ。
気にしない~♪って言うより

まるの いささか(相当?)ズレたのん気さにウケつつ
外の重機音、

この警戒心の薄さ、ダイジョーブか?猫として・・・ (ーー;)
気づいてなかったりして。
と、あるイミ不安要素として思うのは
もう何度目だろう (^▽^;)。

*****

おしらは 重機が止まり、ヒトがいなくならないと
ほぼ100%、やってきません。
知らないヒト、子供は警戒します。
その点では、見てて まるより全然安心感。
寝てる猫の笑わせ力
2017年06月24日 (土) | 編集 |
今回作ったおやつは 抹茶ういろう。
材料は小麦粉・てんさい糖・抹茶・お水
食感とか味、まさかの上出来でした (*^^)v  ← マジで。

*****

とうとう、部屋に行くと こーゆーのが目に入る時期突入 ^m^。
猫神家ですから。

ちょっと笑いすぎたか?居住まいを直したまる、
若干むぅぅっとした表情 (^▽^;)。
そんなに笑う?

でも思う。
彼女は笑われること 決して嫌いではないと。
だって、次見たときは・・・

笑われるのわかってるハズなのに またじゃらし持ちこんでたし。
スヤスヤ

笑い=楽しい
コレ、まる、絶対わかってる。
安眠なう

そして
キバをちょろりとはみ出させ
鼻、ピンクピンクさせながら まるが見てる夢は
夢見てるとしたら

きっと楽しく・・・・オモロイ夢。
オモロイ夢
そのオモロイ顔が証拠 ( ̄m ̄〃)ぷぷっ
猫漫画から得ました。
2017年06月23日 (金) | 編集 |
以前は 梅が手に入って作るものと言ったら
梅干し、梅酒、梅酢くらいしか思いつかなかった。
そんな私が梅の甘露煮を作るようになったきっかけは、
松本英子さんが描かれた漫画、『ウチのハナちゃん』にある。

お母様が“梅を甘く煮て冷やしてデザートを作った”
っていうくだりがあり、
想像しただけでヨダレたら~っとしちゃうくらい魅力を感じ・・・
その、“梅を甘く煮て冷やして”作られたものに
出会いたくて出会いたくてたまらなくなった。

でも近辺でその存在を知るヒトはおらず・・・
だったらば と検索したりして、恐らくコレだ!と思えたのが

梅の甘露煮 ↓。
梅の甘露煮

それから梅をもらえたとき 作るようになったんです。
さわやかな甘さが好評(←我が家で)
見た目の上手さは難あり?  ← 自分作成以外のを見たことないゆえ比較できない
だけど うまかよ~♪

シロップが茶色いのは てんさい糖を使うせい。
梅もらったお礼に

紫蘇ジュースと共に
梅をくれた親戚のおっちゃんとこに 少しだけど 持って行きます (*^^)v。
出発進行!

猫漫画にあった“梅を甘く煮て冷やした”ものは
ホントのところ、甘露煮でビンゴかどうかはわかんないけど
ここらではとにかく珍しく、作る以外味わえない。
季節もので貴重でその上美味しいもんだから、毎回ウチでは
大・好・評ーっ \(^o^)/

甘露煮に出会えたきっかけアリガトウゴザイマスですよ。
この猫の条件反射
2017年06月22日 (木) | 編集 |
『フランケンシュタインの恋』の主題歌に
えらくウケてるニンゲンがいる我が家。
『フランケンシュタインの恋』の主題歌より
まるはいつも黙って それを聞いている ^m^

*****

この頃 お布団に突っ伏して寝てることが多いまる。
寝てても
それが愉快なので撮りだすと・・

すぐ顔を見せる。  ヘンな顔~ ( ̄m ̄〃)
顔を見せる

突っ伏して寝てるとこ撮り始めるたび・・
更に寝てても

即、顔を見せる。  顔、おかしいゾ (^u^)
顔は絶対見せる

カメラの存在を感じると顔を向ける
その反応の良さは天一 ( ̄▽ ̄)b  な方かと。
猫ぢゃなかったのよ
2017年06月21日 (水) | 編集 |
おしらっこについて 安心してください。

相変わらずまるを避けつつ、元気にしてマス ^m^。
猫猫

*****

なんか視線を感じると思ったら・・

まるが隣の部屋から見てた。
気づくの遅い
視線を感じたのは事実だが
まるがあそこにいるのは、侵入猫監視が目的。  私じゃない

なので 次の瞬間にはもう、ほれ、このとーり。
ここでかつおが来るのを見張ってるんだ
私のことなんか見ちゃいない (^▽^;)  なんぼ呼んでもカメラ目線くれない。

*****

おしら実家の解体にやってきてた重機について
“猫だ!”と浮かれてた私だが・・
なんで重機がCAT(猫)なのか?とは不思議だった。

その謎は、工事を終え
こっちに背中向けて止まったままの重機を
まじまじと見続けれたことによって ようやく解けた。
やれやれ もうすぐ日暮れか

キャタピラーのCAT・・、だったのね (;^-^A
鳥さんたち、早くお家にお帰りよ
・・って、知ってました?コレ。